スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学2。

予約していた限定版が昨日我が家にも届きまして。とりあえず本編、
序章~CHAPTER 9とあとがきだけですが、ざっくり読んでみました。

まだ読んでいないのでネタバレはちょっと…という方は、ここから先は
読まれない方がよいかと思います。と前置きした上で、感想というか、
読み終わってから改めて考えたことを文字として残しておこうかな、と。


哲学2。 / TETSUYA哲学2。 / TETSUYA
(2012/12/10)
TETSUYA

商品詳細を見る
なんていうか、こう…どのエピソードを読んでもてっちゃんらしいなぁって
思いながら私は読んでいたんだけど、パブリックイメージと違う、本当の
TETSUYAさんを知ってもらいたい、という田中さんの思いも解るなぁって。

ご本人の言葉にもあるように、てっちゃんの発言って、言わんとしている
ことはきっとそうじゃないのに、どうしてそんなに意地悪な捉え方をされて
しまうんだろうって感じるような批判をされることが実際多い気がしていて。
Twitterを始めて、いろんなファンの方の意見を目にするようになってから
なのかな…それは感じていたけど、でも、そんなに酷かったなんてって…
誰よりもL'Arc~en~Cielというバンドのことを誇りに思い、ファンのことも
大切に思ってくれている彼なのに、どうしてそんな風にって、悲しくなった。

結婚報道のときのことなんかも、私は本人側から発表されたときの2ショット
写真のインパクトの強さはすごく覚えてるんだけど、スポーツ紙に載ったと
いう記事を多分見てなくて、どんなことが書かれていたのか知らなかったし、
あまりにも突然の結婚発表でショックを受けてしまったファンが多かったの
かなぁとは思っていたけど、バッシングのことなんて想像もしていなくて。
本来ならおめでとうって祝福されるべきことなのに、そんな辛い思いをして
いたなんてって…おめでとうって、何らかの形で伝えればよかったなって。

私達ファンには見えないところで、彼がラルクのために尽力していたことも
常に感謝してはいたけど、その感謝の気持ちを伝えることを今までほとんど
してこなかったんだなぁって、今までの自分を振り返って、反省したりもして。
“疲れる”という言葉は“憑かれる”という言葉にも通じるから使いたくないと
語った彼に、“疲れた”と言わせてしまったことが、ファンとして申し訳ない。
そんな思いが、読み終わった直後よりも、少し時間が経ってからじわじわと
湧いてきて…勿論それだけじゃなく他にも色んなことが書いてあるんだけど
今はそれが一番ずっしりきているというか、改めて考えさせられたというか。

ドエル発言のときにも、あまりにも否定的な捉え方をする声が多かったので
こんな記事を書いたりしたんだけど、今回のこの哲学2。をてっちゃん以外の
メンバーのファンである方にも読んで頂いて、彼の言葉に込められた思いが
もっとうまく汲み取ってもらえるようになったらいいなぁとか思うわけなのだけど
でも逆に、この本に書かれていることさえも穿った見方で変な風に捉えられて
また批判されてしまったら…なんていう怖さも、なきにしもあらずだったりして。

こんなことばっかり書いてると、そんなにネガティブなことばっかり書かれた
本なのかって誤解されそうだけど、そんなことはないです。他にも色々です。
できれば手に取って読んでみて、ご自身で改めて感じて頂ければと思います。


ひとつだけ、ほんのり期待していることがあって。解散説が流れたのを逆手に
取って、それを匂わせる演出をしておいて最後にツアー等の告知をしたという
あのときのように、ラルクとして動き出すのはもうしばらく先になるのかなぁとか
思わせておきながら、唐突に新曲やツアーの告知がきたりしないかな、なんて。
まぁ、期待というか、単なる願望ですよね(笑)気長に待つしかないのかなぁ…。
無理強いはしたくない。するべきじゃないと思ってる。けど、早く逢いたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

Profile

ゆみ

Master : ゆみ
Profile →


What's New
Category
Monthly
Link
Search
RSS
Recommend
MUCC 『CLASSIC』 MUSIC VIDEO

MUCC 『ハイデ』 MUSIC VIDEO

LM.C 『VEDA』 全曲試聴Trailer

LM.C 『The BUDDHA』 MUSIC VIDEO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。