12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-04-25 (Sun)
Twitterでも言いましたが、1年前の今日はKenちゃんの握手会@川崎
自分の記憶力に対して、自信なんてものは欠片も持ち合わせていない
あたくしなのですが、あの日のことだけは、今でもはっきりと覚えています。

絶対に忘れたくないという思いも勿論ありましたし、時々思い返すことで
幸せな気分が蘇るのと同時に記憶が保護されたというのもあるだろうし、
感動を文字にして残したことも、記憶の保護に一役買ったのだろうなと。
読み返して思い出す以前に、自分の中の記憶を文章で表現するという
作業自体が、記憶を補強してくれるというか。塗り固めてくれるというか。

思い返してみれば、学生時代の学習方法にしてみても、あたしの場合
読んだり聞いたりしただけでは、なかなか覚えることができなかったので、
板書や先生の解説などを、自分の手でノートに書き記すという作業を
通して、頭に叩き込んでいったという部分が多かったように思うんですね。
どう書き表すか頭の中で考えること、そして自分の字を目で追いながら
書くことで、もう一度情報がインプットされているということなのかなぁ、と。

ブログやTwitterのようなツールにハマりやすい理由も、そこにあるのかも。
自分の頭の中にあるメモリの容量が乏しいので、楽しいとか嬉しいとか、
残しておきたい記憶を保存しておく外部メモリとして、ブログやTwitterに
頼っているというのが正直なところかもしれません。そして、それと同時に
普段はお互い忙しくてなかなか連絡を取り合えない友人などに、手軽に
近況を伝えられる手段としても有効だから、やめられないんだろうなぁ、と。

もっと単純に、元々お喋りな性格だから、自分の頭の中だけに留めておく
ことができずに、文章の形で公開してしまう、というのもあるんですけどね。

これからも、忘れたくないこと、思わず誰かに伝えたくなるような楽しいこと
嬉しいこと面白かったことなど、気紛れに綴っていくのだろうなと思います。
その中に、読んで下さる方も楽しめるような部分があればいいな、なんて。
スポンサーサイト
| L', MUCC, MDC | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する