スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦は金曜日

昨夜はJACK本をGETして早速読んでたら更新し損ねたんですが(-ω-;)
五輪フィギュア男子、FSが始まる前にSPの結果と感想など書いてみます。


◎男子ショートプログラム競技結果◎

01 90.85 エフゲニー プルシェンコ(ロシア)
02 90.30 エヴァン ライサチェック(アメリカ)
03 90.25 高橋 大輔(日本)
04 84.85 織田 信成(日本)
05 84.63 ステファン ランビエール(スイス)
06 82.10 ジョニー ウィアー(アメリカ)
07 81.12 パトリック チャン(カナダ)
08 79.59 小塚 崇彦(日本)
09 78.80 ミハル ブレジナ(チェコ)
10 76.24 デニス テン(カザフスタン)
- - - - - - - - - -
15 69.40 ジェレミー アボット(アメリカ)
18 68.00 ブライアン ジュベール(フランス)
19 65.32 トマシュ ベルネル(チェコ)


≫プルシェンコ
技術的なレベルの高さについてはさすがと言わざるを得ないのですが
全体的に重たい印象で、構成点が伸びなかったことにも納得でした。
もっと表現力のある選手じゃなかったっけ?と少々残念な印象です。
試合後のインタビュー(フジ系で放送されていた)での「僕は金も銀も
持っているから」というコメントを聞いたときに、思わず、じゃあ今回は
銅でいいんじゃない?と思ったのはあたしだけじゃないと思いたい(笑)

≫ライサチェック
ジュベールやチャンも注目された中、やはり怖いのはこの人でしたね。
手足の長さがどうしても目についてしまいますが(笑)それを生かした
ダイナミックさと、しなやかさも持ち合わせているという感じでしょうか。
しかし正直なことを言うと、面白味に欠けるというか、、、個人的には
高橋の方が好印象だったのですが。そこは贔屓目ってやつですかね?

≫高橋
堂々とした演技、流れが切れない、観客を惹きつけて離さない印象。
音楽もうまく掴んでいたし、動きにも表情にも硬さを感じませんでした。
曲も振付けもコーチも、全てが日本人というプログラムで五輪に臨んで
くれたというのも嬉しいことですし。2度目となる大舞台で、まずはSP、
自分らしい滑りが出来たんじゃないでしょうか。FSにも期待しています。

≫織田
こちらも素晴らしい演技でしたね。彼は初出場ということで、さすがに
表情や動きに硬さというか、いつも以上に力んでいる感はありましたが
元々SPは力強さや勢いを感じるプログラムなので、良かったのかなと。
大きなミスもなく、ジャンプには高さもあったし、調子良さそうですよね。
FSのチャップリンメドレーでは、彼らしい、コミカルな演技に期待です。

≫ランビエール
表現力とスピンはさすが!と思っていたら実況アナウンサーも全く同じ
ことを言っていました(笑)魅せるという点ではさすがの一言に尽きます。
4-2になってしまったジャンプの影響が、やはり大きかったのでしょうか。
ちょっとスピードに乗り切れていない感があったかな、という気もします。
FSでどこまで挽回してくるか、ライバルとしては油断できない相手です。

≫小塚
3Aのミスが響いてしまいましたが、他には大きなミスなく、持ち味である
スケーティングとスピンの美しさを発揮して、観客を魅了していましたね。
最後の音のトラブルは悔しいところ。リアクションが可愛かったけど(笑)
SP終わって現在8位。FSでどこまで順位を上げられるか期待してます。
五輪のエキシビジョンは何位まででしたっけ?彼のエキシビ観たいです。


ウィアーのSPは見逃してしまいましたが、彼にも頑張って頂きたいです。
ジュベールは、ジャンプで崩れたら他でフォローし切れないという印象が
あったのでそれほど脅威には感じませんでしたが、ここまで崩れるとは。
4回転サイボーグと呼ばれる彼も、やはり人の子だということでしょうか。
7位のチャンが地元の声援を受けてFSで挽回するかどうかも鍵ですね。

FSの競技開始は日本時間で午前10時。今日は、生中継で観ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

Profile

ゆみ

Master : ゆみ
Profile →


What's New
Category
Monthly
Link
Search
RSS
Recommend
MUCC / ハイデMV+6/25日比谷セトリ

MUCC×AKi / TONIGHT (Live ver.)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。