スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HBCシネマ倶楽部 「人間失格」

レポがすっかり遅ればせですが、行って参りましたですよ斗真氏に逢いに♪
2月2日、共済ホールにて行われた、舞台挨拶付きの試写会でございます。
ジャ○ーズウェブの方でも応募してたんですが、そちらは外れてしまったので
HBCのサイトから、締切ギリギリに応募して当選!ありがとうございますっ!
テレビではもう10年以上前から見ていた斗真氏と、初めてのご対面です☆
(対面という言葉には語弊があるかもですが、まぁ気持ち的にはってことで)


当日は、仕事を午後だけ休みということにしてあったので、割と早い時間に
札幌駅の方まで出てたんですけど(共済ホールは札幌駅から徒歩圏内)
昼食とか、ついでに買物とか、済ませたい用事も幾つかありまして、会場に
到着したときには15時を少し回っていました。それでも開場の約3時間前。
ホールは6階なんですが、すでに階段の方に列ができているであろうことを
過去の経験から予測して、エレベーターには乗らずに階段を登ってみると、
案の定列ができていて、最後尾は2階と3階の間の踊り場のあたりでした。

その後、係員さんの指示で2列に並び直したり、試写会招待状の文字が
黒の人(通常は臙脂色)が上に呼ばれてその分を詰めたりして気付いたら
5階と6階の間まで移動していたんですけど(笑)文字が黒の人っていうのが
結局なんだったのかは謎。J-Webでの当選者かな?とか思ってますけど。

そんなこんなで迎えた開場時刻。あたしは前から9列目の真ん中よりちょい
上手側、け-18という席に陣取ったのですが、前から6列目まで関係者席
として区切られていました。関係者席が随分多いなぁと思いつつ見渡すと、
私が座った席より数列後ろ、上手側の一角にも“関係者席”の文字、、、
そちらには明らかに関係者っぽいスーツ姿のおじさま方(笑)が座っていたの
ですが、前の6列は、席数や座ってる方々の雰囲気からして、J-Webでの
当選者の席だったのかなと思います。最前列から黄色い声飛んでたし(笑)


開映時刻の18時半。まずはHBCの佐々木佑花アナが登壇し、ご挨拶と
注意事項、スポンサーの宣伝など済ませると、いよいよ本日の主役登場!
白黒チェック柄なジャケット・ベスト・パンツの3点揃いのスーツに、インナーは
黒シャツという姿で登場した斗真。客席からは勿論、登場と共に大歓声!
その中に「おかえりー!」という声もあって、少し照れ臭そうに「ただいま」って
応えていたのが可愛かったです(*´Д`*)← ちょっと緊張気味な感じでした。

北海道に帰ってきたのは久々ですか?と佐々木アナに訊かれて、そうですね
と答えていた斗真ですが、実は映画「ハナミズキ」のロケでわりと最近釧路に
来ていたハズだと知っているファンの反応は、若干微妙な感じでした(´∀`;)
ちょうどこの日、札幌は今年一番の冷え込みと言われた日で、運がいいのか
悪いのか、と佐々木アナに言われたのですが「一番いいときに来ました(笑)」
と笑顔。飛行機から降りた瞬間の冷たい空気が懐かしいとも言っていました。

「情熱大陸」が放送されたばかりだったので、「番組をご覧になった方?」と
佐々木アナから客席に問いかけがあり、あたしも元気良く挙手しました(笑)
番組内でも話していた、撮影中ベルトの穴2つ分痩せたというエピソードから
撮影中はコンビニに売っている豆腐そうめんばかり食べていたという話をして、
お腹周りが気になる方には豆腐そうめん、オススメです!とPRしてました(笑)
 
作品についての話は、雑誌のインタビューなどで語っていることと被っている
部分が多かったんですが(同じ質問されてるんですから、まぁ当然ですよね)
本人の口から直接聞けるというのが嬉しいわけで。インタビュー中は、ずっと
右手にマイク、左手は後ろで手を組むときの位置みたいな?ちょっと畏まった
感じの姿勢で、佐々木アナからの質問にひとつひとつ丁寧に答えていました。

共演者の森田剛くんは撮影中にV6のコンサートがあって、、、という話のとき
最前列の一部が大爆笑していて、佐々木アナに「コンサート観に行かれたん
ですね?」と訊かれて頷いたらしい彼女達に「剛くんいなくてごめんなさい」と
謝罪する斗真(笑)最後は「北海道のファンと会場の皆さんにメッセージを」と
言われ、「本当に寒い中来て頂いてありがとうございました。道産子パワーで
これからも頑張ります!」と爽やかな笑顔。ほんとにイイ男になったよねぇ。←

退場するときも、客席から手を振る私達に、何度も足を止めて応えてくれて。
本当に、真面目というか律儀というか、、、生田斗真は中身もイケメンです!
(ハンサムとか男前とか言いたいところですが、まぁ出世作のタイトルですしね)


映画本編の感想は、公開前なのでネタバレは避けてさらりと印象のみですが。
厭世的というか退廃的?な主人公を描きつつ、とにかく“美しい”作品でした。
視覚的なものだけじゃなくて音も、全体的に台詞少なめで静かな作品なので
波の音とか蝉の声とか、そういう音が、演出として生きている感じがしました。
あとは、斗真の目の演技かな。目というか表情というか。素晴らしかったです。
映画初出演にして初主演の今作が、彼の代表作となるのだろうなと思います。


2月12日には「徹子の部屋」にも出演していましたが、その中に超レア映像!
'97年5月のKinKiコンで舞台の告知をさせて頂いている斗真(当時12歳!)。
隣には、相葉ちゃんとニノ(この2人、やる気なさげ?笑)と松潤(超カワイイ!)。
更に、Pのソロコンに出たときの映像(少年倶楽部の短縮版的な)もありました。
17日(水)18:30からBS朝日で再放送の予定。見逃した方は要チェックです☆

今夜の「行列のできる法律相談所」にも出てましたね♪そして明日以降、、、


◆2月15日(月)
TBS系「はなまるマーケット」
フジテレビ系「笑っていいとも!」
日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」

◆2月17日(水)
BS朝日「徹子の部屋」(テレ朝系2月12日放送分)

◆2月19日(金)
フジテレビ系「VVV6」


18日(木)の「ダウンタウンDX」にも出演の噂がありますが、ゲストの中には
名前がないので、三田さんへのコメントVTRでもあるのかな?と思います。

すっかり長くなってしまってゴメンナサイ、、、さすがに疲れましたわ(-ω-;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

Profile

ゆみ

Master : ゆみ
Profile →


What's New
Category
Monthly
Link
Search
RSS
Recommend
MUCC / ハイデMV+6/25日比谷セトリ

MUCC×AKi / TONIGHT (Live ver.)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。