スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JACK IN THE BOX 2008 vol.2

第2部はKenちゃんからスタート♪ [ vol.1 / vol.3 / vol.4 ]
 
【Ken】
タイムテーブルが未発表だったので、ステージの準備が整って
暗転するたびに“今度こそKenちゃんの出番かも!?”とドキドキ
していたのですが、ここでついに!本当にKenちゃんが登場☆
ギターを持たずにヴォーカリストとしてステージに立つその姿は
ラルクのときとはちょっと違うんですけど、やっぱりカッコイイ!!

1曲目、誰の曲かは判らないけど洋楽っぽいなぁと思いながら
聴いていたのは、Led Zeppelinの「Rock And Roll」でした。
英語の発音が、なんていうか、相変わらずのKenちゃん節(笑)
この曲を歌っているときのKenちゃんは、とても楽しそうでした♪
上手側と下手側それぞれに、スタンド席の目の前まで続いてる
花道があったんですけど、この曲のときKenちゃんが上手側で
スタンド席のお客さんに寄りかかるようにしていて…羨ましい!!

2曲目は「Speed」。初めて生で聴くことが出来て感激しました。
ライヴで聴いてみたいとずっと思っていたので、嬉しかったです。
生だからこそ伝わる何かが、言葉ではうまく言えないんですけど
確かに存在していて。やっぱりライヴっていいなぁと思いました。
勿論CDで聴くこの曲も、それにPVも、大好きなんですけどね☆

そしてMC。Session-Dのパートにも書いた通り、jealkbへの
歓声の大きさに“ちょっとジェラシー”とKenちゃん。その口調が
可愛くてドキッとしたんですけど!!きっと無自覚なんだろうなぁ。
Kenちゃんこそ、名前出ただけで凄い歓声上がってましたよ♪
あんなにカッコ良く2曲を歌い上げた後でも、やっぱり下ネタが
飛び出す辺りKenちゃんらしい…とか言っていいのかな?(笑)
でもまぁ確かに、長丁場でトイレ混んでると、しんどいですよね。
2回ほど幕間に行きましたが、アリーナはそうでもなかったです。
途中で急に“ちゅか後ろも人いんの?ごめん!忘れてた!”と
北スタンドを仰いで謝ったりもしてましたね、軽ーい口調で(笑)
最後に簡単に曲紹介して3曲目、新曲の「Deeper」初披露!!

イントロ~Aメロ辺りは柔らかく繊細なイメージだったんですが
サビは結構ハードでロックな感じだったので、ちょっとビックリ。
でも、繊細さとハードさ両方感じるのがKenちゃんらしいかな♪
歌詞の中に、“パラダイス”っていうフレーズが入ってましたね。
なんでかそのフレーズだけは、妙にハッキリ覚えてました(笑)
その単語からS.O.A.P.の「Paradise」を思い出したからかな。
とにかく早くもう一度フルコーラスでじっくり聴いてみたいです!

それからキーボードの秦野さんとKenちゃんの2人だけ残って
4曲目の「白い花」。松山千春さんのカヴァーだったんですが、
オリジナルかと思って聴いてました。千春さまごめんなさいっ!
“アネモネ”という歌詞で咄嗟にkenちゃんのアネモネギターを
連想してしまったので、それでオリジナルっぽく感じたのかも。
千春さまと言えば「長い夜」が好きなんですけど(ベタですが)
この曲も素敵だったので、原曲も聴いてみたいと思いました。
曲自体も、Kenちゃんの歌声や佇まいも、本当に素敵でした!!
「Deeper」のc/wとして音源化されるそうなので楽しみです♪

しっとりと歌い上げて、そのまま下手側へ歩き去るKenちゃん。
そして、スクリーンにて今後のソロ活動の展開について発表!!
詳しい内容は、「GiGS」の感想と併せて別の記事に書きます。
だって、既にKenちゃんのパートだけ異様に長いんだもん(笑)


【Session-E】
Kenちゃん登場の興奮も冷め遣らぬままに伏兵hyde見参!!
それこそ、名前が出ただけで凄まじい歓声が上がりましたね。
床とか揺れてたんじゃないかな(笑)私も思わず叫んでました。
出てくれるんじゃないかなって期待は最初からありましたけど、
確証があったワケではないですから。嬉しかったんですよね。

1曲目は誰の曲か判らずに聴いてたんですが2曲目はなんと
「All Dead」!!3年越しのラブコールをありがとう明希さまっ!!
15thラニバ以来すっかり「All Dead」と言えばkenちゃんの
お気に入りという認識が根付いてしまっている私ですので(笑)
正直kenちゃんに弾いて欲しいなという思いもあったんですが
ミヤくんカッコ良かった!!素敵にカヴァーしてくれてありがとう!!


【BUG】
BUGさんは予習出来なかったので曲は判らなかったですが、
リズムに合わせて揺れながら(笑)楽しく観させて頂きました♪
私達の2列前にいた男性が、BUGさんと44MAGNUMさんの
ファンの方だったらしく、他の若手の出番では、もの珍しそうに
会場の盛り上がりを眺めていたり(笑)席を外されていたのに
ここではとても盛り上がっていらっしゃいまして、そういうのも
こういうイベントならではだなぁ、と思いながら拝見してました。


【ムック】
1曲目の「ファズ」から大盛り上がりで、ムックってカッコイイ!!
と今更ながら再認識した私は、主に逹瑯さんとミヤくんを観て
いたんですけど、いやー本当にカッコ良かったです。惚れる!!

しかし、次の曲で下手側から登場した、ギターを抱えた長身の
シルエットがkenちゃんだとすぐに気が付いた私は、そこから
「アゲハ」が終わってkenちゃんがステージから去る瞬間まで
kenちゃんから目が離せず…ムックの皆さん、ごめんなさい!!
ヴォーカリストなKenちゃんも素敵だったんですけどやっぱり
ギタリストなkenちゃんも観たかったので…嬉しかったです☆

ムックの楽曲は事前に結構ガッツリ聴いていたので、今回の
4曲は全部判ったのも嬉しかったし、本当にカッコ良かった!!
今回は聴けませんでしたが、新曲の「空と糸」も楽しみです♪


【Shinji(シド)】
ステージ上で機材の調整をしていたスタッフさん達が去り、
さぁ次は誰が登場するのかと身構えていたら、スクリーンに
夕陽の映像が映し出され、BGMは金曜ロードショーの昔の
(タイトルバックが夕陽だった頃の)オープニングテーマで。
一体何が始まるのかと思いきや、アコギを抱えたShinjiが
黒人SP(?)と通訳らしき女性を従えて、ステージ上に登場。
黒人SP(?)と通訳らしき女性を従えて、ステージ上に登場。
※最初はアコギを抱えていなかったと、後日思い出しました。
「コウザイくん、ギターを持ってきてくれるかい?」なんてこと
言ってたんでした。面白かったのにすっかり忘れてた(^_^;


セッションをやろうと思ったけど誰にも誘われなかったと語り、
そうして披露した曲のタイトルは…「まだ友達がいた頃」(笑)
前日に歌詞を書きましたと言っていた気がするんですけど、
噂によると、シドのライヴでも披露したことがあるそうですね。
(後日聞いた話によると、歌詞は毎回変わっているようです)

…あ!音人の座談会ギタリスト編でKenちゃんが言ってた
“代々木でおもしろいフォーク歌ってた”ってのが、これか!
今ようやくピンと来ました(笑)実はさりげなく伏線だったのか
或いは…もしかして、座談会後の焼肉の席でKenちゃんが
“JACKであれ歌ったらいいと思うよ”って言ったとか!?(笑)
太田胃散、確かにいい薬です(笑)私もお世話になってます。


vol.3へ続く♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

Profile

ゆみ

Master : ゆみ
Profile →


What's New
Category
Monthly
Link
Search
RSS
Recommend
MUCC / ハイデMV+6/25日比谷セトリ

MUCC×AKi / TONIGHT (Live ver.)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。