スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孵化@札幌PENNY LANE24 アンコール覚書

2016.07.15 (fri)
MUCC TOUR 2016
GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化
-哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-
@札幌PENNY LANE 24

セットリスト+本編覚書はこちら →

と、いうわけで。アンコール編です。早くなりすぎては仕切り直しで
なかなか揃わないアンコールの声をどうにかしたいけど、自分が
仕切るほどの度胸はなくて悶々としていたところにゆっけさん登場。

話の順番前後してたり、言い回し違ってたりはご愛嬌ということで…。

輸「おれ出てくるの早いね?まだびっしょびしょだよ(笑)」
と言いながらTシャツをひっぱって見せる。
輸「今日はなんか、おれ最初っからつるんつるん滑っててさ…
マイクスタンド2回も倒すしね!上手行ったらコケそうになるし」
と言いながら、コケそうになったときの姿勢を再現してました。

輸「ツアーの地方シリーズ始まって、ムックが札幌に帰ってきました!
ただいまー!」
\おかえりー!/
輸「知らない人もいると思うんだけど、おれ飛行機がだいっきらい!
なんですよ。それが昨日は乗る前から40分遅れますって言われて。
おれの、こう、乗るまでのモチベーションの持って行き方があるのね?
それがもう変わっちゃって。離陸する前にも機長さんが、積乱雲が
なんとかかんとかで、長く揺れることが予想されます、みたいなこと
言うからさ、もう、終わったな、これ。終わった…って」
肩を落として天を仰ぐゆっけさん。

輸「けど、おれの中で、揺れのレベルって5段階あるのね?
5がどれくらいかっていうと、この前の(EUROツアーのときの)
ちょうどドリンクがきたところで浮力?かなんかわかんないけど
かんぱーいって(ドリンクを掲げるジェスチャー)なったときの!
あの揺れが5で、そのレベルの揺れを覚悟してたんです。
でも昨日は3くらいだったの!だから、さとちとかスタッフさんは
あー怖かったーって言ってたんだけど、おれは全然平気でさ。
5を想定してたから大丈夫!って言ったら、5ってなんですか?
って訊かれて。あ、うん、それはまぁいいよって」

続きを読む

スポンサーサイト

孵化@札幌PENNY LANE24 セトリ+本編覚書

ワンマンとしては2年ぶりのMUCCの札幌公演、参戦してきました!
ということで、ひさしぶりにレポ未満の覚書でも残してみようかなと
参戦履歴の更新以外でログインしてみたゆみですこんばんは(笑)

ひさしぶりすぎてブログの書き方忘れてる感が半端ない/(^0^)\
ですが、ド下手の住人として主にゆっけさんレポ&MCを覚えている
範囲で書いてみようと思います。セトリは公式がハイデMVと一緒に
動画として公開していた日比谷のセトリを参考に、収録アルバムの
頭文字(c/wは制作時期の近いもの)を曲名の横に書いております。
ハイデ収録曲・トリガー・CLASSICの表記も動画に倣ってのものです。

20160715.jpg

2016.07.15 (fri)
MUCC TOUR 2016
GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化
-哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-
@札幌PENNY LANE 24

- SET LIST -
SE 【極】 レイブサーカス instrumental
01 【極】 極彩
02 【志】 梟の揺り篭
03 【灰】 KILLEЯ
04 【灰】 JOKER
05 【極】 謡声(ウタゴエ)
06 【灰】 悲しみとDANCEを
07 【朽】 路地裏 僕と君へ
08 【是】 悲観主義者が笑う
09 【ア】 四月のレンゲ草
10 【朽】 夢死
11 【?】 トリガー
12 【6】 神の星
13 【業】 アイアムコンピュータ
14 【是】 この線と空
15 【葬】 家路
16 【灰】 ハイデ
17 【終】 ENDER ENDER
18 【シ】 Mr. Liar
19 【T】 TONIGHT
En1 【罪】 CLASSIC
En2 【T】 1997
En3 【シ】 MAD YACK
En4 【是】 蘭鋳

続きを読む

少年M

初版発売日が2005年3月1日という、MUCCが以前出した単行本なのですが。
今更ながらに入手しまして、一気に読み終えました。なんかね、7ヶ月間戦争を、
そのファイナルの代々木公演を終えた今のタイミングでこれを読むことができて
よかったなぁって思いましたね。当時の彼らの抱えてた思いを改めて読みながら
代々木での彼らの姿を思い出すと、進化っぷり成長っぷりに感動するというか。

なかなか自分に追いついてきてくれない3人にもどかしさを感じながら、それでも
見切りをつけず彼らをひっぱり続けてきてくれたミヤくんへの感謝と、いつまでも
このままじゃ駄目なんだ、自分がもっとやれるようにならないとって頑張ってきた
3人の努力が確実に実を結んできているんだなぁっていう実感なのかなぁ、うん。
有言実行できてるな、カッコイイなって改めて思ったので、書いておこうかなって。

20141218a.jpg

そんな記事を書きながら、いま聴いているのは本日ようやく手元に届いたLM.Cの
「PERFECT RAINBOW」なんですけれどもね(笑)こちらもカッコイイ作品になって
いるのでツアーが楽しみ。前作よりバンドサウンド寄りなので夢烏さんも是非♪

2013.12.20 Ken Special Live 覚書 vol.2

vol.1の続きになります。

クラシックギター演奏後、一旦ステージを降りたkenちゃん。少し経ってステージに
戻ってくると、Galaxy Redを抱えて「White Chirstmas」をしっとりと弾き語り。
歌い終わると軽くMCを挟んで、今回もピアノを弾いてくださった秦野さんが登場。
MC部分に関しては、話の順番が前後していたり言い回しが違っているところが
多々あるかとは思いますが、大まかな内容と雰囲気を感じ取って頂ければと…。

 雪降らんかったなぁ…雪になるかと思ったんやけど(笑)
 (当日はお昼頃から雹が降ったり横殴りの雨になったりと大荒れの天候でした)
 クリスマス…みんなサンタクロースって信じてた?うちにはサンタ来んかったな。
 っていうかクリスマスって何!?みんなクリスマスって何だと思ってんのー?
 (客:せいなる夜!りっしんべんの!笑)
 りっしんべん!?
 今日はみんな食事してるから、下ネタは抑えようと思ってたのに!(笑)
 (客:もう食べ終わったー!)
 え?食べ終わった?(笑)
 あんなぁ…今日歌うから、昨日は夜オ○ニーせんとこうと思ってたのね。
 けど眠れないのよ。もう全然眠れないの、元気がよすぎて!結局したわ!
 こんな話をするはずじゃなかったんやけどな…すいませんね(笑)
 (このあと何か前置きがあったような気もしますがうろ覚えなので省略)
 秦野さん!秦野さぁ~ん♡

オネエっぽい声音で秦野さんを呼び込むkenちゃん(笑)そして、ピアノとギターと
歌とで「Winter Wonderland」を披露。こちらもクリスマスソングの定番ですね。
それと、特別ジャズが好きな人じゃなくても聞き覚えのある有名な曲だからかなと。

改めて振り返ってみると、今回はジャズアレンジの曲が多かったなぁというのと、
ジャジーな曲を弾いたり歌ったりするkenちゃんも素敵♡という印象が強いです。
それと、前回は切なさとか哀愁を感じるような曲が多いセトリで、そちらもとても
素敵だったんですけど、今回の明るさや温かさを感じる曲が含まれたセトリだと、
ギターを弾いたり歌ったりすることを楽しんでいる様子がより伝わってくるようで…
切なげなkenちゃん、楽しげなkenちゃん、どちらもとっても魅力的ですよね…!

クリスマスソングって、知ってて歌えそうだなと思ってても実際最初の2行くらいしか
覚えてないよね?と言っていたのは「Winter Wonderland」の後だったでしょうか。
どのタイミングでどの話をしていたのか段々自信がなくなってきたので、MC部分は
後でまとめて書くことにして、先に曲と演出等について書いていきたいと思います。

2曲終わった後、着ていたジャケットを脱いだkenちゃん。客席から歓声があがり、
もう1枚脱いで!なんて声も飛んでいましたが、なんのために!?とツッコミつつ
ギターを構えると、シャツの袖裾が邪魔だったようで右だけ肘まで捲っていました。
その仕草が様になっていて、ジャケットを脱いだときと同じかそれ以上にときめいた
私だったのですが、次の曲が「the silver shining」だと認識した瞬間更に感激。
1番のメロディはギターで弾いて、2番は歌って、大サビからまたギターに戻るという
流れだったと思います。ハモる部分は秦野さんが歌ではなくピアノで弾いてました。

そして「My Dear」が始まった瞬間には会場全体から息を呑むような雰囲気が。
kenちゃん作曲ではないので驚いた方が多かったのではないでしょうか。私もそう
だったんですが、L'Acoustic versionを秦野さんのピアノで聴いてみたいと思って
いたので嬉しかったです。勿論、kenちゃんの歌で聴けたことも嬉しいですけどね。
秦野さんは今回ピアノに徹していたようで、コーラスの一部はkenちゃんがギターで
弾いていました。終盤の曲が盛り上がるところでは、感情が入りすぎたのか、歌が
走ってしまって秦野さんがなんとかそれに合わせようとするという場面も。歌っている
kenちゃんの指先まで力が入っていたのが印象的でした。そして歌い終わったあと
“hydeさんがいつもライヴで気持ちよさそうに歌っているのをね、いいなぁと思って
見てたんだよね(笑)”なんてにこやかに話すkenちゃんに、会場が沸いていました。

次の曲の「Hey Joe」については、曲名や誰の曲かといったことを全然わからずに
聴いていた私だったんですが、ジャズっぽいアレンジの曲という印象を受けました。
曲名が判ってから調べてみたところJimi Hendrixの曲だったんですが、そういえば
タモリ倶楽部でのエフェクター製作、ジミヘン生誕70周年の記念企画でしたよね。
曲を知ってからの方が記憶に残りやすかったりするので、また聴いてみたいです。

年内に全部書き上げてしまいたかったんですけど、なかなかうまくまとめられなくて
時間かかってしまったので、続きは年明けに…すみません。みなさんよいお年を!

2013.12.20 Ken Special Live 覚書 vol.1

ひさしぶりにライヴの覚書などしてみたいと思います。

2013.12.20 Ken Special Live @恵比寿act*square
~PREMIUM CHRISTMAS DINNER & SHOW~ 第一部


20131220a.jpg

[Set List]
00.クラシックギター演奏
01.White Christmas
02.Winter Wonderland
03.the silver shining
04.My Dear -L'Acoustic version-
05.Hey Joe (Jimi Hendrix)
06.Hallelujah (Jeff Buckley)
07.Calling You (映画『バグダッド・カフェ』主題歌)
08.Don't Know Why (Norah Jones)
09.Silent Night

05と08に関してはTwitter上の情報で判明しました。ありがとうございます。
写真は、kenちゃんの登場前ならお料理など撮影してもOKとのことでしたので
記念に撮影させて頂いたうちのべべたちと、サインがプリントされたお品書き。

[Dinner Menu]
ウェルカムドリンク
パン
黒瀬ブリのカルパッチョ 厳選野菜添え柚子ワサビソース
マッシュルームのポタージュ イタリア産トリュフの香り
牛フィレ肉のグリル フォアグラソテーのせ ロッシーニ風トリュフ香るソース
ローズヒップ香るヌガーグラッセ クリスマス仕立て
コーヒー

客席をぐるりと囲むスクリーンにソロ曲MVが上映される中で始まったディナー。
デザートが全員に行き渡ったかな?というあたりでステージにkenちゃんが登場。
黒のゆるっとしたジャケットに、サイドに黄色っぽいラインの入った黒いパンツ、
胸元が広く開いた白いシャツは襟元に黒が入っていて、靴も黒でシンプルな感じ。
シャツの隙間からはいつものC.H.Lionとノートルダムクロスがちらりと覗いていて、
左の手首にシルバーのブレス(恐らくネックレスと同じロドキンの)が見えました。
髪型は、ギターを弾くときに邪魔にならないようになのか、全体的に後ろに流して
額を出したスタイル。そして黒っぽい縁のスクエアな眼鏡をかけての登場でした。

クラシックギターで演奏された曲は、4曲または5曲だったかと思います。というのも
1曲目の途中の小休止か、1曲目が終わって2曲目が始まるところなのか、という
微妙な雰囲気でぱらぱらっと拍手が起こった際にkenちゃんが「どこで終わったか
わからんよね?」という一言と笑顔で場を和ませてくださったのですが、実際それが
まだ1曲目の途中だったのか、2曲目に入ったのかを判断しきれなかったからです。

曲名が判らないまま聴いていた曲ばかりだったのですが、たしか後半の?1曲に
聴き覚えがあって、以前にkenちゃんがどこかで最近練習していると話していた
曲だなぁと思っていて、後日それが「アルハンブラの思い出」だったことが判明。
その他の演奏曲についても、この曲だった!というのを動画つきでツイートして
下さった方々がいらっしゃいまして、ギターの名曲「Asturias」と、ボサノヴァ曲の
「Desafinado」も演奏されていたと判明しました。情報ありがとうございます!

前述の「どこで終わったか~」のあとに弾かれていた、1曲目の続きか2曲目に
当たるあたりで難しそうなフレーズがあって、イーッという感じの顔で弾いていた
かと思ったら、そこを無事乗り越えたあたりでにやりと笑うような表情も見られて、
表情豊かに、楽しそうにギターを弾いている姿を拝見できて幸せだなぁと実感。
クラシックギターの演奏が終わると一旦ステージを降りたkenちゃん、去り際に
ちょっと照れたように、おどけた仕草でお辞儀なんかしていて可愛かったです♡

まだまだ序盤ですが、時間の都合により本日はここまで。続きはまた改めて♪

続きはこちら→vol.2
Profile

ゆみ

Master : ゆみ
Profile →


What's New
Category
Monthly
Link
Search
RSS
Recommend
MUCC 『CLASSIC』 MUSIC VIDEO

MUCC 『ハイデ』 MUSIC VIDEO

LM.C 『VEDA』 全曲試聴Trailer

LM.C 『The BUDDHA』 MUSIC VIDEO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。