君に祝福あれ

今朝、出勤前ギリギリになんとか生中継で観ることができた、
大ちゃんこと高橋大輔選手の素晴らしい演技を、いま改めて
他の選手の演技と併せて、じっくり観させて頂いたのですが。

やっぱり今大会で一番輝いていたし、貫禄がありましたね☆
細かなミスはありましたけど、安心して観ていられるというか。
本人も楽しめているというのが伝わってきましたしね(*´∀`*)

記念すべき第100回の世界選手権で、日本男子初の快挙!
それも今季五輪で優勝したライサチェックを上回る高得点で。
世界大会で史上初となる4回転フリップにも果敢に挑戦して、
回転不足の判定ではありましたが、転倒はしませんでしたし。
アスリートとしての攻めの姿勢と、表現者としての魅せる演技、
どちらも兼ね備えた彼のプログラムは、素晴らしいと思います。

小塚くんは、FSでのジャンプのミスがとても残念でしたが、、、
それでも、スケーティングやスピンなどの美しさ、滑らかさという
彼の持ち味は充分に発揮できていたのではないかと思います。
ジャンプのミスを、他の要素にはさほど響かせずに滑れたことは
よかったと思いますし、ミスも、次に繋がるステップになればOK!

心配なのは織田くんです。うまく立ち直ってくれるといいけど、、、


真央ちゃん、美姫ちゃん、あっこちゃんも、、、頑張れニッポン!
ジュニアに続いてシニアも男女優勝、あると思います\(^0^)/


やっぱりフィギュアスケートが好き♪ I Love Figure Skate♪←
スポンサーサイト

喜びも悲しみも全部詰め込んで

男子FSの感想を追記し損ねたまま、女子SPとFS、そしてエキシビまでも
すっかり終わってしまったわけですけども、、、今回の女子は相当レベルが
高かったですよねぇ。てなわけで、とりあえず競技結果をまとめてみました。

あ、主語を省略してしまいましたが、五輪のフィギュアスケートの件ですよ。


◎女子最終順位・得点(合計[SP/FS])◎

01 228.56[78.50/150.06] キム ヨナ(韓国)
02 205.50[73.78/131.72] 浅田 真央(日本)
03 202.64[71.36/131.28] ジョアニー ロシェット(カナダ)
04 190.15[63.76/126.39] 長洲 未来(アメリカ)
05 188.86[64.76/124.10] 安藤 美姫(日本)
06 187.97[61.36/126.61] ラウラ レピスト(フィンランド)
07 182.49[64.64/117.85] レイチェル フラット(アメリカ)
08 181.44[61.02/120.42] 鈴木 明子(日本)
- - - - - - - - - -
09 172.46[62.14/110.32] アリョーナ レオノワ(ロシア)
11 161.57[52.96/108.61] キーラ コルピ(フィンランド)
14 155.24[61.92/093.32] エレーネ ゲデバニシビリ(グルジア)
15 152.81[56.70/096.11] サラ マイアー(スイス)
16 151.90[63.02/088.88] カロリーナ コストナー(イタリア)
17 151.26[57.46/093.80] ユリア シェベシュチェン(ハンガリー)
18 143.94[49.04/094.90] サラ ヘッケン(ドイツ)


男子のときもそうだったんですが、点線以下は個人的に注目している選手
のみ抜粋です。“女子ばっかり放送しないで男子ももっと放送しようよ!”
なんてよく言う割に、女子の方が注目選手が多いことを今更自覚(/ω\)
やっぱりこう、キレイどころにはついつい目を奪われてしまうものですよね!←
ヘッケンは今まであまり知らなかったんですが、前髪パッツンな黒髪美人さん
ということで今回印象に残った選手でした。そんな理由でスミマセン(-ω-;)

採点については色々思うところもありますけど、順位は妥当だと思ってます。
ヨナの演技は確かに素晴らしかった。FSの最後のスピンだけ若干もたついた
感もありましたが、初めての五輪で、韓国中の期待を一身に背負いながら
あんなに完成度の高い演技を揃えてきたというのは本当に凄いことだと思う。
トリプルアクセルを全て成功させた真央ちゃんも、直前に突然のつらい別れが
あったにも関わらず完成度の高い演技を見せたロシェットの精神的な強さも、
未来ちゃんの最終滑走とは思えないほど落ち着いた明るい表情での演技も、
美姫ちゃんが表現力で魅せたクレオパトラも、あっこちゃんの明るくキレのある
演技とその後に見せた涙も、、、感動をありがとう!と皆さんに伝えたいです。

男女共に出場枠の上限となる3人ずつの出場を果たした、ということだけでも
快挙だったのに、その全員が入賞を果たすなんて、本当に凄いことですよね。
フィギュアに限らず他の種目もですが、選手の皆さんのご健闘に心から拍手。


そんなバンクーバー五輪も、もうすぐ閉幕。そして2月も終わってしまいますね。
最終日の本日は友人宅にて女子会(笑)してきたのですけど、それについては
後日改めて、、、UPする時間があることを祈りつつ。← 今宵はおやすミヤ☆

続きを読む

Everything is for today

このフレーズは、女子のときのためにとっておこうかとも思ったんですが。
改めて聴けば聴くほど、高橋くんの境遇にピッタリな気がしてきたので、
今日のタイトルとして拝借しました。銅メダル獲得おめでとう大ちゃん!

というわけで、バンクーバー五輪フィギュア男子FSの結果と入賞者の
最終順位・合計得点とを振り返ってみると、下記の通りとなりました。


◎男子フリースケーティング競技結果◎

01 167.37 エヴァン ライサチェック(アメリカ)
02 165.51 エフゲニー プルシェンコ(ロシア)
03 162.09 ステファン ランビエール(スイス)
04 160.30 パトリック チャン(カナダ)
05 156.98 高橋 大輔(日本)
06 156.77 ジョニー ウィアー(アメリカ)
07 153.69 織田 信成(日本)
08 151.60 小塚 崇彦(日本)
09 149.56 ジェレミー アボット(アメリカ)
10 137.99 ハビエル フェルナンデス(スペイン)
- - - - - - - - - -
16 132.22 ブライアン ジュベール(フランス)
17 119.42 トマシュ ベルネル(チェコ)


◎男子最終順位・合計得点◎

01 257.67 エヴァン ライサチェック(アメリカ)
02 256.36 エフゲニー プルシェンコ(ロシア)
03 247.23 高橋 大輔(日本)
04 246.72 ステファン ランビエール(スイス)
05 241.42 パトリック チャン(カナダ)
06 238.87 ジョニー ウィアー(アメリカ)
07 238.54 織田 信成(日本)
08 231.19 小塚 崇彦(日本)


織田・小塚も見事入賞!9位アボットの合計得点は218.96でした。
放送を何度も観すぎて感想を書く時間がなくなってしまったので←
各選手の演技については後日改めて、こっそり追記させて頂きます。

決戦は金曜日

昨夜はJACK本をGETして早速読んでたら更新し損ねたんですが(-ω-;)
五輪フィギュア男子、FSが始まる前にSPの結果と感想など書いてみます。


◎男子ショートプログラム競技結果◎

01 90.85 エフゲニー プルシェンコ(ロシア)
02 90.30 エヴァン ライサチェック(アメリカ)
03 90.25 高橋 大輔(日本)
04 84.85 織田 信成(日本)
05 84.63 ステファン ランビエール(スイス)
06 82.10 ジョニー ウィアー(アメリカ)
07 81.12 パトリック チャン(カナダ)
08 79.59 小塚 崇彦(日本)
09 78.80 ミハル ブレジナ(チェコ)
10 76.24 デニス テン(カザフスタン)
- - - - - - - - - -
15 69.40 ジェレミー アボット(アメリカ)
18 68.00 ブライアン ジュベール(フランス)
19 65.32 トマシュ ベルネル(チェコ)


≫プルシェンコ
技術的なレベルの高さについてはさすがと言わざるを得ないのですが
全体的に重たい印象で、構成点が伸びなかったことにも納得でした。
もっと表現力のある選手じゃなかったっけ?と少々残念な印象です。
試合後のインタビュー(フジ系で放送されていた)での「僕は金も銀も
持っているから」というコメントを聞いたときに、思わず、じゃあ今回は
銅でいいんじゃない?と思ったのはあたしだけじゃないと思いたい(笑)

≫ライサチェック
ジュベールやチャンも注目された中、やはり怖いのはこの人でしたね。
手足の長さがどうしても目についてしまいますが(笑)それを生かした
ダイナミックさと、しなやかさも持ち合わせているという感じでしょうか。
しかし正直なことを言うと、面白味に欠けるというか、、、個人的には
高橋の方が好印象だったのですが。そこは贔屓目ってやつですかね?

≫高橋
堂々とした演技、流れが切れない、観客を惹きつけて離さない印象。
音楽もうまく掴んでいたし、動きにも表情にも硬さを感じませんでした。
曲も振付けもコーチも、全てが日本人というプログラムで五輪に臨んで
くれたというのも嬉しいことですし。2度目となる大舞台で、まずはSP、
自分らしい滑りが出来たんじゃないでしょうか。FSにも期待しています。

≫織田
こちらも素晴らしい演技でしたね。彼は初出場ということで、さすがに
表情や動きに硬さというか、いつも以上に力んでいる感はありましたが
元々SPは力強さや勢いを感じるプログラムなので、良かったのかなと。
大きなミスもなく、ジャンプには高さもあったし、調子良さそうですよね。
FSのチャップリンメドレーでは、彼らしい、コミカルな演技に期待です。

≫ランビエール
表現力とスピンはさすが!と思っていたら実況アナウンサーも全く同じ
ことを言っていました(笑)魅せるという点ではさすがの一言に尽きます。
4-2になってしまったジャンプの影響が、やはり大きかったのでしょうか。
ちょっとスピードに乗り切れていない感があったかな、という気もします。
FSでどこまで挽回してくるか、ライバルとしては油断できない相手です。

≫小塚
3Aのミスが響いてしまいましたが、他には大きなミスなく、持ち味である
スケーティングとスピンの美しさを発揮して、観客を魅了していましたね。
最後の音のトラブルは悔しいところ。リアクションが可愛かったけど(笑)
SP終わって現在8位。FSでどこまで順位を上げられるか期待してます。
五輪のエキシビジョンは何位まででしたっけ?彼のエキシビ観たいです。


ウィアーのSPは見逃してしまいましたが、彼にも頑張って頂きたいです。
ジュベールは、ジャンプで崩れたら他でフォローし切れないという印象が
あったのでそれほど脅威には感じませんでしたが、ここまで崩れるとは。
4回転サイボーグと呼ばれる彼も、やはり人の子だということでしょうか。
7位のチャンが地元の声援を受けてFSで挽回するかどうかも鍵ですね。

FSの競技開始は日本時間で午前10時。今日は、生中継で観ます。

世界フィギュア2009

リアルの方にも書きましたけど、男女それぞれの総合順位と
感想などざっくりと、こちらにも記録しておきたいと思います。


【男子 総合順位】
1 エヴァン・ライサチェク
2 パトリック・チャン
3 ブライアン・ジュベール
4 トマシュ・ベルネル
5 サミュエル・コンテスティ
6 小塚崇彦
7 織田信成
8 デニス・テン
----------------------
15 無良崇人


【女子 総合順位】
1 金妍児
2 ジョアニー・ロシェット
3 安藤美姫
4 浅田真央
5 レイチェル・フラット
6 ラウラ・レピスト
7 アレーナ・レオノワ
8 村主章枝


世界フィギュアは何位まで入賞なのかよくわからないんですが
とりあえず8位までと、日本の無良くんだけ書き出してみました。
五輪出場枠、日本は男女とも無事に3枠獲得です。おめでとう!!

小塚くんは、ジャンプの調子がイマイチでしたけど、相変わらず
滑らかで美しいスケーティングに、思わずうっとりな私(*´∀`*)
織田くんは、4回転成功はお見事でしたけど、だからこそ余計に
ミスが悔やまれるところですね。以前と同じ失敗をしてしまった
というのは、まだ精神的に弱い部分があるということなのかな?
2度あることは3度ある、にはならないように、気をつけて欲しい。

真央ちゃんがメダルを逃したのは予想外だったしショックだけど、
今回は、美姫ちゃんが表彰台に帰ってきてくれたことが嬉しい♪
この調子で、来シーズンも怪我に負けずに頑張って欲しいです。
7位に入ったロシアの新鋭、レオノワ選手の笑顔がとても印象的。
今後が楽しみな選手を見つけて嬉しい反面、コストナーが12位と
いうのはショック。ジャンプが決まらないのは大きな痛手でした。

9位のサラ・マイヤーももう少し上にくるかと思っていたんですが、
ヘルニアの悪化で、練習が思うように出来なかったり、演技にも
影響が出ていたんだそうですね。その状況での9位という結果は
大健闘かなと思います。これから手術を受ける予定ということで、
術後のリハビリがバンクーバー五輪に間に合うかが心配ですが
自らの手で掴んだ出場枠、完全復帰で臨めることを祈ってます。

来シーズンのこと書きましたけど、まだ国別対抗もあるんでした。
正直すっかり忘れてたんですが…そちらも勿論、応援しますよ!
Profile

ゆみ

Master : ゆみ
Profile →


What's New
Category
Monthly
Link
Search
RSS
Recommend
MUCC 『CLASSIC』 MUSIC VIDEO

MUCC 『ハイデ』 MUSIC VIDEO

LM.C 『VEDA』 全曲試聴Trailer

LM.C 『The BUDDHA』 MUSIC VIDEO